in the ZONE

FX is 3M(Money Management / Mind / Method)

超初心者からのFX勉強法

f:id:nogurin3:20171017191034j:plain

 

「FXという言葉は知ってて興味はあるんだけど、何から始めていいのか分からない」という超超初心者の方向けにFXの勉強法を書いていこうと思います。

 

何事もそうですが、日々の勉強の積み重ねが結果に繋がります。
(人によって理解度や成長スピードは異なりますが) 

 

安定して利益を出せるトレーダーになるための近道はありませんし、ひたすらコツコツ勉強と実践を続けるしかありません。

 

「この手法を知れば今日から大儲けだ!!」というような聖杯はありません。

 

私の知る限り、最短で6ヶ月間の猛勉強を経て安定した利益を出せるようになった方を知ってますが、その方は睡眠時間を毎日2~3時間にまで削って勉強したそうなので、普通の仕事をしている方は早くても1~2年はかかると思ってください。
(私は凡人なので10年ぐらいかかりましたが・・・)

 

なお、この記事では大まかな勉強の流れを提示するだけで詳細な内容には触れません。
用語の意味とか、チャートのインジケーターとか、FXソフトの操作方法などは書籍を購入して学んでください。また、ネット上に山ほど情報が出ているのでググってください。(ググって調べるのが面倒くさい、という方はそもそもFXなんて止めましょう。いや、ほんとに。) 

 

 1:FXの基礎知識を学ぶ

 ネットでFXの基礎知識を学ぶのはお金がかからないので良いのですが、書籍で学ぶことをオススメします。書店でもAmazonでも良いので、初心者向けのFX本を買いましょう。本であれば手元に置いていつでも読み返すことができます。

以下は例です。自分で本の中身をちら見して良さげなものを選びましょう。

いちばんカンタン! FXの超入門書

いちばんカンタン! FXの超入門書

 

  

めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版

めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版

 

なるべく安くて、図解入りで、カラーで、薄い本が良いと思います。 FXの概要、取引ルール、基礎用語、チャート画面の概要、などが理解できると思います。

 

この段階でいきなり情報商材や有料メルマガを購入したり、(自称?)有名トレーダーや元証券トレーダーなどの有料SNSサロンへの登録、有料セミナーなどに参加する方がいますがオススメしません。最初は余計な出費は控え、コスパの良い書籍で勉強するのが一番です。どうしても気になる、という方はとりあえずメモだけしておいて「また今度・・・」という気持ちでいましょう。

 

FX初心者で勘違いしがちなのは「とにかく色々な情報(手法など)を知れば稼げるトレーダーになれる」と思い込むことです。これはまったくの逆で、たくさんの情報を知れば知る程トレードに一貫性がなくなって、迷走します。
むしろ、最初は最低限の基礎知識と1つの手法に絞ってトレード練習を積み重ねたほうが身につきますし、習熟も早くなります。
「この人はこの手法で稼いでいる!」「あの人はこのインジケーターで稼げるようになった!」という感じで情報に振り回されると自分のトレードスキルがいっこうに向上しません。

 

2:デモ口座を開設して操作を学ぶ

私はMetaTrader4(MT4)というFXトレードソフトの使用を推奨しているので、このMT4を使える証券会社で無料のデモ口座を開設し、操作方法を学びましょう。

オススメはOANDA japan(オアンダジャパン)です。

www.oanda.jp

口座の開設、MT4のインストール、MT4上での注文方法や決済方法などを学びましょう。

無料で使えるので、最初は遊び感覚で怖がらずに色々操作して自分好みのチャート設定を見つけたり、遊んでみましょう。

 

3:チャートの読み方を学ぶ

最初に購入した書籍でチャートの読み方に触れているかもしれませんが、もう少し深くチャート分析について学びましょう。

この段階は非常に重要です。初心者のほとんどはチャートの勉強をせずに「なんとなく上がってるから買う」「なんかここまで値が上がったから下がりそう。売ろう」などと感覚でトレードしている場合はほとんどだからです。

トレードは「勝率の高い場面でのみ躊躇なくエントリーする」ことが重要なので、安定して利益の出せるトレーダーは必ず自分のルールがあり、そのルールを徹底しています。

以下は例です。自分で本の中身をちら見して良さげなものを選びましょう。

改訂 確実に稼げる FX 副業入門

改訂 確実に稼げる FX 副業入門

 

 

ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方

ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方

 

チャートに関する書籍もたくさんあるので読みやすそうな好みの内容を購入しましょう。トレンド相場、レンジ相場の判断方法。チャートパターンなど。

チャートの読み方は最初は難しく感じると思います。まずはとにかく数をこなすしかないので、毎日毎日ひたすらチャートを眺めて慣れましょう。

パソコンでチャート画面のスクリーンショットを取って、ペイントソフトで書き込むのも良いですが、オススメはチャート画面をプリンターで印刷して手書きでトレンドラインやチャートパターンを書き込むことです。好みの問題もありますが、知人のトレーダーは手書き派が多いです。

前述の6ヶ月で安定して勝てるようになったトレーダーの方は、毎日何十枚ものチャートを印刷して手書きでチャート分析を繰り返したそうです。結果、ファイルが数十冊になったとか。

 

4:デモトレードで練習を重ねる

2で無料のデモ口座を開設したので、チャートの読み方を実践しつつデモトレードを繰り返します。

ただし、やみくもにトレードを繰り返すのではなく、何か一つ手法を決めてその手法のルールに則って感情を入れずに淡々とトレードを繰り返しましょう。

この段階では10連敗しようが、20連敗しようが損益は関係ありません。淡々とルールに則ってトレードを繰り返します。

さらに毎回のトレード内容をノートを記載して、手法のルールをしっかり守れているか、トレード中の心理状態がどのように変化するか、などをさぼらず記載しましょう。

このノートにトレード結果を記載し、自分を振り返ることで少しずつトレーダーとしてのスキルが向上します。

ノートを付けずにただなんとなくトレードしていては振り返りや過去の自分の分析もできないので、スキルは向上しません。

トレードを始めたけど全然利益が出ないという人の9割方は、トレードノートを付けずに感覚でトレードを続け、利食い損切りを繰り返している場合がほとんどです。

 

5:リアル口座を開設し少額でトレードする

最低でもデモ口座で1ヶ月のトータルがプラスになる程度にスキルが向上してきたらリアル口座で少額トレードを始めましょう。

いきなりリアル口座で始めたほうがモチベーションが上がる、という方もいますがオススメはしません。ただ、最低でも損切りを躊躇なくできるレベルでリアルトレードを始めるべきです。「損切りがなかなかできなくて・・・」という方はまだリアル口座でトレードするべきではありません。

資金量は個人差があるので一概にはいえませんが、なるべく少額で「このぐらいのお金なら勉強代として0になってもいいや」と思えるぐらいの金額にするべきでしょう。

この際もデモトレードの時と同様にトレードノートをしっかりつけてください。デモトレードの時とは異なり実際のお金がかかっているので「お金を稼ぎたい欲望」と「お金を失いたくない恐怖」というメンタル負荷が別次元になります。

 

6:リアル口座でロット数を増やす

 ロット数を増やすと損益の額が増えるのでメンタル負荷が大きくなります。例えば最初は1万通貨でトレードしていたのが、2万通貨、5万通貨、10万通貨と増えていくと最初は損切りを躊躇なく行えていたのに急にドキドキして損切りができなくなる場合があります。こんな時はメンタルが慣れていないので、10万通貨を8万通貨、7万通貨に少なくしてメンタルを慣れさせましょう。

ロット数を減らしてもメンタル負荷が高く、思うようなトレードができない(損切りができない)という場合はデモ口座に戻りましょう。

デモ口座に戻ったから自分はダメだ、というふうに考える必要はまったくありません。プロスペクト理論という言葉もありますが、人間の精神構造は投資という環境にはもともと適していないので、繰り返しトレーニングを続けてメンタルを慣れさせる必要があります。安定した利益を出せるトレーダーになるためには必ず通る道、というふうにポジティブに考えましょう。

 

7:最後に

 普通に仕事している方なら利益を出せるようになるまで1~2年はかかる、と書きましたが、1~2年でも早い方だと思います。(身近に信頼できて、結果を出し続けているトレーダーがいて直接指導を受けられるという方がいれば別ですが)

超初心者の方がFXの勉強を始めるなら、今回の記事の3、4に数ヶ月、数年を費やすこともざらにあると思います。

それでも途中で諦めずトレードを続け、リアル口座で少額からトレードを始め、途中で何度も資金を失ってもなお諦めずにトレードを続けることができれば、おそらく安定した利益を出せる勝ち組トレーダーになれると思います。

 

以上、超初心者向けFX勉強法を書きました何か一つでも参考になることがあれば幸いです。