in the ZONE

FX is 3M(Money Management / Mind / Method)

「FXは面倒くさい。でも、手軽に投資で稼ぎたい」という方はこの方法がおすすめ!

f:id:nogurin3:20170521092637j:plain

 

投資に興味があってもお仕事や家庭環境などで「チャートを見る時間を捻出できない」という方はどうしてもいるかと思います。

 

ですが、今はほとんどほったらかしでも投資で利益を上げることができるサービスがありますので、簡単ですが3つほどご紹介します。

 

なお、私自身はこれから始めたいとは思っていますが、まだ未経験なので詳細な説明はできかねます。

 

インデックスファンド

 まず始めにインデックスファンドとは何でしょう?

wikiより引用

ファンドの基準価額がある指標(インデックス)と同じ値動きを目指す運用をする投資信託のこと。パッシブファンドとも呼ばれる

ここでいう「ある指標」とは「日経平均株価」や「TOPIX」などです。

要するに資本主義経済は右肩上がりを前提にしているので多少の下落はあったとしても長期的には株価が上がる(利益がでる)という考え方です。

 

パッシブファンドの逆は「アクティブファンド」で証券会社やヘッジファンドなど裁量で運用して利益を出すというやり方ですね。

アクティブファンドの大半はインデックスファンドのパフォーマンスには及ばないというデータもあり、インデックスファンドの方が手数料も少ないというメリットがあります。

 

詳細はこちらの本がオススメです。(私自身読了済みでとても参考になりました)

 

 

投資信託

前述のインデックスファンド(パッシブファンド)とは逆のアクティブファンドがこの「投資信託」になります。

アクティブファンドの大半はインデックスファンドのパフォーマンスには及ばないという記載をしましたが、以下に紹介する2社は独立系資産運用会社でパフォーマンスも良好です。(運用益の上下は当然ありますが)

2社とも特徴的なのは、投資先の会社(経営陣や社員)に対して何度も面談などを通して会社の理念や将来性、社会的価値を見定めていることです。

 

www.rheos.jp

 

www.kamakuraim.jp

 

ロボアドバイザー投資

インデックスファンドは人力で投資銘柄を選定していますが、このロボアドバイザーはその名の通り「ロボ=AI(人工知能)」が工程のほぼ全てを自動化しています。

申込みの際に「どの程度リスクを取り、どの程度のリターンを希望するのか」というユーザーの判断に基づいて運用計画を提案してくれるので自分の希望を入力し、その後はほったらかしにできます。

 

最近フィンテックという分野でいくつものサービスが始まっていますが、おおむね評価の高いのはこちらの2つです。

 

www.wealthnavi.com

 

theo.blue

 

どちらも一長一短あると思いますので、興味のある方は比較検討してみてください。ネットにも様々な比較記事がありますのでそちらも参考にどうぞ。 

 

最後に

 

以上、3つ(インデックスファンド、投資信託、ロボアドバイザー投資)をご紹介しましたが、ここ数年IT技術の進歩でフィンテックファイナンスとテクノロジーを掛け合わせた造語)という分野で多くのサービスが登場しています。

 

個人で、しかも資金が少額から投資が始められて、なおかつ手間がかからないほったらかしでできるというのは投資に対するハードルが非常に低くなっています。

少なくとも銀行の定期預金に預けるよりは(リスクもありますが)はるかにリターンを期待できますので、興味のある方はぜひ色々調べてみてくださいね!