in the ZONE

FX is 3M(Money Management / Mind / Method)

仮想通貨投資は長期保有を基本にしています。

f:id:nogurin3:20180122080340j:plain

 

私が仮想通貨の短期売買をやらない理由としては

 

  1. 税負担が大きい
  2. 一般的に普及するのはまだ数年先だから

 

税負担が大きい

 

簡単にいうと「累進課税だから」です。

 

現時点で仮想通貨を利確して円にすると累進課税の対象となるので、4000万円を超える部分に、最高税率の45%が課せられます。

 

株やFXだと分離課税で一律20%なのでかなり大きな差ですよね。

 

いくら仮想通貨で利益を出しても累進課税はかなりキツイです。

 

FXも最初は累進課税で2012年からやっと分離課税になったので、仮想通貨に関してもこれから法整備が整っていくと思います。

 

 

一般的に普及するのはまだ数年先だから

 

2017年の前半は書店に行っても仮想通貨の本は技術やテクノロジーを扱った内容の本がほとんどでしたが、2017年末になると仮想通貨"投資"の内容が増えてました。

 

Amazonでもkindleで仮想通貨投資本がいくつも出ています。

 

さらにbitflyerやcoincheckなど取引所のテレビCMも増えてきましたのでやっと一般の層にも認知度が上がってきている段階だと思います。

 

認知度が上がれば、使う人が増え、仮想通貨自体を使える場所が増える、という好循環になるはずのでインターネットの時と同じように仮想通貨がインフラとして活用されると思っています。

 

ですので、チマチマ短期売買をやるよりは少なくとも2020年の東京オリンピックぐらいまでは保有して仮想通貨の普及(値上がり)に期待しています。

 

合わせて、ここ10年ほどでスマホが普及し、クラウドファンディングやメルカリなど個人間でのお金やモノのやりとりがよりいっそう簡単になり、ますます進化するはずなので貨幣や銀行など金融についても大きく価値観が変わっていくと思っています。

 

 

まとめ

 

ということで、私は「仮想通貨は長期的な視点で見ると成長し続け、世界中のインフラになる」という前提で、仮想通貨の相場が暴落した時にこそ増資をしていくつもりです。