in the ZONE

FX is 3M(Money Management / Mind / Method)

「お金2.0 -新しい経済のルールと生き方-/佐藤航陽」読了。

 

佐藤航陽さんの新著。 なにかと話題になっていたので読みました。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

ちなみに前著も読みましたが、こちらも興味深く読めましたよ。

 

未来に先回りする思考法

未来に先回りする思考法

 

 

さて、今回ですが、お金と経済の起源やルーツ、資本主義経済(実体経済と金融経済)、中央集権管理から分散化、などなどテクノロジーの話もからめて過去から近未来の話しまで出てきます。

 

いくつか興味深い部分を引用します。

 

価値の3分類
→有用性としての価値
→内面的な価値
→社会的な価値

 

評価経済の落とし穴
→今話題になっている大半の仕組みが評価や信用ではなく、注目や関心に過ぎない

 

ベーシックインカム普及後のお金

 

価値主義の世界ではどんな働き方や生き方がスタンダードになっていくでしょうか。答えは非常にシンプルで「好きなことに熱中している人ほどうまく行きやすい」世の中に変わっていきます。

 

よりたくさんのお金や経済を動かしている人ほど、お金を紙やハサミやパソコンと同様に「道具」として見ています。そこに何の感情もくっつけていません。

 

 FXをやってる身としてはこのへんの内容は面白かったです。

  

AI、ブロックチェーンを利用した無人ファンド

「Numerai(ヌメライ)」
→匿名で1万人以上のデータサイエンティストが機械学習などを用いて投資モデルを作ってNumeraiにアップする。
→そのモデルで運用された資金が実際に収益を上げた場合にはNumeraiが発行するトークンが成果に応じてデータサイエンティストに報酬として分配される。
→データサイエンティストも投資家も全員がお互いに誰なのかを知りません。

 

ググったらこんな記事もありました。

結構詳しく書かれています。

wired.jp

 

自分が生きている間、できればあと10年ぐらいでベーシックインカムが(限定的でもいいから)実現して欲しいと願いますね。

特に日本なんて「過労死」という言葉が世界で使われてるぐらい労働環境がうんこすぎますから、お金の稼ぎ方、使い方の選択肢がテクノロジーを使ってどんどん多様になって欲しいものです。ま、時間の問題で30年とか経ったらまったく今とは常識が異なるんでしょうけどね。

 

佐藤航陽さんの本は平易に書かれていて読みやすいので、お金や経済に興味のある方はオススメです。