in the ZONE

FX is 3M(Money Management / Mind / Method)

なぜ情報商材を買っても、安定した利益を出せるようにならないのか?

 

f:id:nogurin3:20180407092718p:plain

 

高額な情報商材をいくつも買っても、有料セミナーに何度も参加しても、書籍を何冊も買っても・・・いつまでたってもFXで安定した利益を出せるようにならないのはナゼでしょうか?

 

結論を先にいうと「検証して身についていないから」に尽きます。

 

情報商材は主に手法をウリ文句にしますが、どんな手法だろうが、どんな秘密のテクニカル分析を使おうが、メリット・デメリットがあります。

(取引回数は多いけど、利幅が少ないとか。勝率は高いけど、損益バランスが良くないとか)

 

FXはスポーツと似ていて、理論だけ知っても実戦では使えません。

手法を知るのと相場で実際にトレードして利益を得るというのは別の次元です。

 

ありがちなのは、情報商材を買って手法を学び「これで稼げる!」と意気揚々トレードを始めると「欲と恐怖でルールを守れない」「ルール通りにやっても連敗してトレード恐怖症になる(どんな手法でもドローダウンはあります)」となり、最後には「こんな手法はやっぱり使えない。もっと他の稼げる手法があるはすだ!」と別の情報商材を漁る・・・というパターンです。

(これはまさに自分が初心者の頃に陥ったパターンだったのですが。。)

 

そもそも前提として情報商材はコストパフォマンスが悪いのでおすすめはしませんが、どうしても買うのなら、少なくともその手法で3年間ぐらいの過去チャートを検証して、勝率、損益率、連敗数、連勝数、トレード回数、獲得pips・・などデータを分析してみることが必須です。

 

情報商材を買って読んだら稼げる」ではなく「買って読んでから時間を費やして検証して身につける」という段階まで進まないと意味がないです。

 

ざっくり私の感覚としては商材購入者のうちの1割が検証を続けて体得し、その更に1割が安定して利益を出せるようになるぐらいだと思います。

 

 

というわけで、FXで安定して利益を出すためには時間を費やして勉強(検証)をする必要がありますよ、ラクに稼げる方法なんてありませんよ、というお話しでした。^^/