in the ZONE

FX is 3M(Money Management / Mind / Method)

「ツキの法則-賭け方と勝敗の科学-/谷岡一郎」読了。※再読

 

何年も前に読んだのですが、ひさびさに再読しました。

 

ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書)

ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書)

 

 

ギャンブルに関する内容が多いのですが、「期待値」「大数の法則」などFXをやるうえで参考になる内容が多いです。

 

参考になった部分を引用します。 

 

統計において「十分多くの回数プレイした時に、期待値はX%である」という言い方をするとき、この「十分多くの回数」は一義的には決められない。賭け方や金額、その他の要因により変化する。少なくとも100回や200回では不十分で、通常1000回以上でなければならない。

 

いままでFXの手法検証というと、最低でも過去2~3年分ぐらいのチャートを見る必要がある、という感覚でした。

ただ、これはあくまで経験則というか感覚値だったので「1000回」というのは一つの目安になるな、と参考になりました。

 

客観的なツキの正体
客観的(科学的)に一言で表現するならば「ツキとは統計上のゆらぎ(長い時間プレイすれば必ず起こる連続した勝ち負けの大波)」であると言える。つまり、連勝・連敗は、統計上必然的に起こる事象である。そして、連勝・連敗それぞれの渦中にいる人を、「ツキがある」とか「ない」とか考えるだけのことである。

 

大数の法則は絶対なので連勝・連敗は避けられません。

FXの場合は連敗のドローダウンを資金管理によっていかにダメージを小さくするか、という部分がキモで、トータルで利益を出す秘訣になるというのが再認識できました。

 

 

トレーダー目線で簡単にまとめると、、

 

  • FXにカンとヒラメキは不要。
  • 期待値、確率論、大数の法則、独立事象を理解する。
  • 最低でも1000回以上の手法検証の結果、期待値の高い場面でのみトレードする。
  • 適切な資金量(1度の損失で大きなダメージを負わない)を投入することで、回数を繰り返すことでトータルで利益を出す。
  • 1回1回のトレードに一喜一憂しない。損益はトータルで考える。

 

以上、 FXトレーダーには有益な本なのでオススメです!